ジージャー・ヤーニン応援ブログ

いいえ、女優ジージャー・ヤーニンを応援するブログですとも。

シン・エヴァンゲリオン劇場版 2

f:id:fwnk5197:20210321215753j:plain

なんだか導かれるようにエヴァを見に行くことになりました。
ネタバレ、みてません。
ネットでよくみかけるような、高尚な考察も持ち合わせません。
それでも、25年の物語のひとつの結末をなぞる思いは深くて、しばらくするとどうにも、勝手に涙が流れるのですね。

いま、考えればそれは、シンジくんの絶望や、登場人物たちの置かれた環境にシンクロするものがあったのでしょう。

ただ、やがて物語がすすむと気付くのです。
いいトシをして、とも思うのですが、これ、その(いいトシ)の人間の、そしてその人生のそれぞれの季節の物語でしたね。

楽しみながら、感動しながら見せてもらいました。
劇中、惑星大戦争のテーマや、東宝の特撮の撮影のようなセットを模した場面や、過去のキーオブジェクト、伏線回収、思いの深堀りと、どれもこれも、自分の世代に近い人間の文化でしたが、20くらい若いヒトには、ひとつの(提案)として、ユニークに思えたことでしょう。
セリフの中で、AAAヴンダーから種子が打ち出されるとき、Lファイブ、という言葉が出てきて驚きました。
グランジェポイントファイブ、軌道上7つあるポイントのなかで、唯一安定するポイントのこと(スペースコロニー構想のころに世に出たコトバです)ですが、どうしてこんなこと、知ってたのだろう、と。
で、ああ、これはやっぱり、自分の世代(庵野さん、60ですから、同じといったら失礼ではあるのですが)のお話なのだなあ、と察したのです。
たぶん、渚司令、というのは後出しジャンケン(笑)だったのでしょうけど、それでも、ああ、その立ち位置、つまりはシンジくんにとって、その身と同じであり、そしてなお違い、見守るものであり、シアワセを押し付けるものなら、なるほど、親の化身か、とは思うのです。
よく考えたら、宇多田さんの(桜流し)のなかにもう、親という身のどうにもならない痛み、ということを隠した歌詞が出ていました。
その時点でもう、母だけではない、父もまた、なにより、息子にもっとも映し身をおもう存在だったのだ、という物語りを抱いていたのでしょうね、監督は。
すばらしい映画でした。
わたしはややもすれば、ああ、やっぱり父もまた親だ、と、感化されてしまったことでしょう。
で、そうならないように、鑑賞に先立って(それはそれ、オマエの問題はまた違うことを覚えておこう)と、運命から仕込まれたような気がしているのです。

わたしの戦いは、現実にまだまだ終わりません。

ヒトを信じること、ゆるすことはやっぱり、悪意に水をあげて成長させることでは絶対にないんだ、とは思います。

では、どうしたらいいのか、どう考えたらいいのだろう。

わかりません。

まだまだ、あがくばかりです。

ただ、そうしたなかでなお、オマエは決してひとりでは無いのだよ、と、ずうずうしくも、この映画に教えてもらったような気がしています、いいトシして、なのですが(笑

 

 

 

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版 1

f:id:fwnk5197:20210321215136j:plain

虚血性腸炎になり入院を、と、言われたのですが、そもそも仕事復帰して2週目で、それだとまた、あらたなストレスを被るだけだろうと察し、加えて、立て続けの傷病が一年続きもう入院する金銭の余裕もないので、通院しながらにさせてください、とお願いしました。
しかし、あまりにお腹が痛い、出血もある、そもそもスポーツドリンクしか飲めないのでふらふら、ということで、結局は休みです。
毎日、懲罰的な嫌がらせを受けての勤務、もちろん、むこう側はそこをすり抜けるだけのズルい逃げは用意してます、論じるなにもありません。
まあ、さすがにもう、続けるのも身体的にみて厳しいとは知ってます。

それでも、うまくいかない、気に入らないなんぞに毎度負けてたらキリもない、というのが身上で、粘ったのこそ間違いだったのでしょうか。

気弱、というよりもっと深刻な、生きていくことの難しさに直面したいまですが、そうこう思っている間にも、被せるように、まったく不可測の事態が次々にやってきて、あらためて、この苦難を深めてくれたりします。

かれこれ、10数年話していなかった実の弟と、書類依頼で話をすることになりました。

数百万のお金を母から騙して奪い、悪態雑言をやめない。

家まで買ってもらっておきながら、それをあんなもの、といい、母が病に倒れてなお、お金を貪るばかりで、たすけて、といわれても家にも入れずに見殺し。

知らないと思っているのだろうけど、わたしはすべて知ってます。

それを綴った母の文字を見たり電話の言葉を思い出すと、いまでも涙が出ます。
それでも、10年の歳月は、懐かしさを優先させて、わだかまりを消してくれそうに思ったのですが、彼の言葉はまたまた、わたしによく、人間というものを学ばせてくれました。
クズは、屑。
それはたとえ、実の弟であれ父親であれ同じ、人間と、人間のようにふるまうだけのこころない輩とは、その身を一緒に案じてはいけないのだ、と、いうことをよく思い出させてくれました。
不幸になってほしくない、でも、その悪意のタネに水をあたえるのもまた間違いだということ。
よく、思い出しました。
しっかりしなくては、負けてはいけない、しかし、なによりヒトへのやさしいこころを失くしたら、彼らといっしょじゃないか、と、そして負けないことは勝つことじゃない、続きにたどりつくことなんだ、と。
こんなことが起こってる最中ですが、今日、ふいに復調してきたために、年に数度しかない何の予定や制約もない、どこにでもいける1日が訪れました。

こういう日は、ほんとうに無いのです。

で、そこにきてシン・エヴァンゲリオン上映なのです。

わたしは、なんとなく、この映画をみてこい、といいたいがために、運命はわたしを休みにさせたのではないかとおもいました。

 

 

 

 

当たりくじと、そのひきかえ

f:id:fwnk5197:20210306221520j:plain

3月はジージャーの誕生月です、占星術的に言うと、ソーラーリターンがあるワケですが、このタイミングで組み合わされる星の配置は、おおむね、むこう一年に向けてのそのヒト自身の運勢をカタチ付けるといわれています。

コレとは別に、抜擢や成功など、人生におけるおおきな取り組みでのおおきなタイトルを預かるものに、木星という星の運行があります。

この木星は、過去、ジージャーに、テコンドーでの成功や映画での成功などを成してくれていますが、先年には、また同様な配置にもどり、ふたたびジージャーのおおきな区切りを演出し、その役割を果たしたようです。

ジージャーが選び、つかんだ今度の幸運の神の前髪の中身は、女優としての世界的な成功ではなく、積極的に望み、手に入れたいと願った、愛の成就についてでした。

いま、このコロナ下においてのジージャーは、過去のいつよりも快活で溌剌とした様子を発信してみせてくれる状況に至っています。

ジージャーはいま、とても幸せなのだとおもいます。

そのうえで、わたしたちファンは、これからの彼女に何を望むべきなのでしょう?

わたしは、彼女が、彼女自身のポテンシャルを存分に発揮できるだけの機会と、それを引き出してくれる社会的なパートナーが、彼女の前にそろそろあらわれてくれることを望みます。

 

手品先輩

f:id:fwnk5197:20210220001939j:plain

ヤングマガジン連載、アズさんの「手品先輩」が最終回でした。

アニメも含め、とても楽しませてもらえた作品でした。いまも頭の中で主題歌が繰り返されてます。

機会があれば、主人公たちのその後のお話も拝見できれば、と願うばかりです。

この作品、いたずらにキャラクターを広げていかなかったことや、はやりの執拗なまでにゆがめた心情の強調描写といった、このごろ扱われがちな物語りのくどさを回避していた、良作だったと感じています。

おもしろい作品、世の中にはたくさんありますが、そのおもしろさを裏付けるあくの強さがキツくて、楽しむ、にはならないキモチにさせてしまう作品のほうが、現実には多いのではないでしょうか。

そうした現状の中で、この「手品先輩」や、ヒロユキさんの「アホガール」は実に秀逸で、読み手のこころに土足ではいってくるような乱暴さ(いや、よしこは、、、)を持ち合わせない暖かさを感じられるうれしい作品です。

青年誌でこうした作品を続ける、ということ、実際には至難のことであったろうなあ、と察します。

その意味も含め、お疲れ様でした、楽しい作品をありがとうございます、とお伝えしたいです。

優れたコンテンツとひとくちに言いますが、その優れる在り方もまた、いまやいろんな側面を備え、実に多様な様相を呈しはじめてきています。

個人的な感想としてではなく、ひとつの如実な現実問題として、わが国の発信する優れたクリエーターたちの優れた作品群、もはや文句なく世界最高峰のレベルにあるといえるでしょう。

その内側にあって、さらに細分的多様化が進行しているということ。

ジージャーと、ジージャーをとりまく人々にも是非、この事実をもういちど踏まえたうえで、彼女を主人公としたおもしろく優れた映像作品への着手、鑑みて欲しいと思うのです。

敢えて言わせてもらうなら、ここからのジージャーが携わるべきは、短絡的な爽快さのみを持つ騒音的な作品ではなく、物語におもしろさを備える、楽しい作品であってほしいです。

楽しさ、おもしろさを備えるには、このマンガがそうであるように、ジージャーの作品、別に鳴り物入りの大作でなくても、こころに届くのなら、それでいいとおもうのですが、、、、

ジージャーの蒔く種

f:id:fwnk5197:20210101094521j:plain

ひとつの新しい世界の創造のスタート。

2021年は、誰にとってもそういう1年になりそうな予感がします。

世界は変わらざるをえなくなりました。

でも、それはほんとうに悪いこと、嘆くべきことなのでしょうか?

どうしようもないことをたてにとって、肥大させてかたり、注意喚起をさも総意のようにメディアは括りました。

でも、マスコミの声は、あなたのこころの声なんかじゃありません。

ましてや、事実と真実は渾然としてたりなんかしないのです。

いま、世界には、なによりも、それぞれの自身の内側から湧き上がる、現実にも絶望にも呑まれないだけの、こころのパワーが必要になりました。

ところが、なによりもこれが一番、枯渇してしまってる。

皆、あまりにも長く、仕方ない、を、刷り込まれ続け過ぎてしまい、その麻痺の先に、自分こそ世界の創造主だという真実を放棄し、安い換金に騙され譲渡してしまったあとなので、こころが薄っぺらく、スカスカで空っぽになってしまってるのです。

それでも、まだなんとかなる。

なぜなら、いま、世界に想定外の隙間が生まれようとしているからです。

2021年こそ、差別をすすめ搾取を順調に企み、すすめていた、社会のどこかに潜む予定調和的な悪意の曲がり角の年でしょう。

正直にいえば、ウィルスの被害、よくよく想定していたことでしょう。

たとえば映画です。

たとえば、科学です。

少なくともわたしたちの世代は、これらの媒介から、いまの世界はいくらでも想像できていたはずです。

でも、まさか、というこころの鈍さが、このことへの対処をダメにさせてここまで来てしまいました。

いまおきていることは、ほんとうはよくよく想定できたことですし、事実上の戦争であり、遅かれ早かれ経験することに違いはなかったのではないでしょうか。

世界はもろく、ヒトは、とても弱く単純です。

でも、その弱いはずのヒトが、社会の成員となり、親になり、愛するべきものを意識すると、弱くも単純でもなくなるのだから、命というのは深く尊いものだとおもうのです。

そしてそのヒトたちが携わることで、世界は強固な未来を手に入れえるものに変わるのでしょう。

目を閉じ、感覚を閉ざせば、あなたと連なる現実の世界は消えてしまいます。

逆に言うなら、しっかりと見据え、意識をもってその世界に触れようとすれば、世界の未来はあなたのものに戻ります。

命を、輝かせる思いが募れば、ヒトは世界の創造を再開できるのです。

命は、こころは、闇に残る光。

その輝きを、皆の見本として示せるヒトこそリーダーです。

とりわけ、ジージャーの内側から醸し出されてる明るいパワーからは、未知の世界の訪れを期待させる能動性を感じてやみません。

変わることを、恐れて、ネガに言うひとは多いです。

まるで恐怖で支配する宗教のように、闇を歓迎したほうがラクだ、という風潮が世界を覆おうとしてます。

でも、その闇を払う光は、最初はいつも、ほんの小さなチカラに満ちたたったひとつぶのタネの輝きからじはじまるということも、覚えておくべきでしょうね。

 

 

ジージャー2020

f:id:fwnk5197:20201231231535j:plain

2020年、たぶん、多くのヒトにとって予想外の、経験のない特殊な1年となったのではないでしょうか。

そうした中での、今年1年のジージャーの活動を見る限り、積極的なYoutube活動や海進出など、あらたな動きがみられて、けっして静かだったとは言いがたいほど、しっかりとした足跡を残したのでは、とおもうところです。

なんというか、しがらみではないのですけど、ジージャーへの期待の中に多く潜んでいた、チョコレートファイターへの連なりがようやく浄化されたというか、自由な活動へと踏み出した、といえるような、明るさが目立ったように感じています。

10年のジージャーの活動を見てきて、いつも思い感じていたのものに、その快活で前向きな、強い向上心や明るさの中に隠れた、デビューまでに持ち合わせて、そこから始まったおおくの、影のような「隠の魅力の存在」があります。

ただいたずら明るいだけでは足りない、深く濃い影こそ、デビューしたばかりのジージャーにおおくの魅力を付していたのではないかと思うのですが、よくも悪くも、その陰影が、いま、昇華され、別な明るさが彼女に宿ったのでは、と、思うのはわたしだけでしょうか。

ともあれ、愛する人たちにかこまれ、生まれ変わったジージャーには、おおくの武器が残りました。

かんたんにいえば、過去の栄誉にもいまの愛にあふれた生き方にも、ジージャーは祝福され、それらをバネに、未来に向かえるということです。

これを、期待しないとするなら、その理由をこそ知りたいですね。

ジージャー、光ってませんか?